からっぽの海 (2016)

からっぽの海には昔
たくさんの生き物がいました
歌 涙 昨日 明日
真っ暗な海でみんなは昔
お天道様に恋焦がれていました

ゆっくりと時間をかけ
たっぷりと波に揺られ
こっそり悪巧みしつつ
のんびりとその日を待っていました

でも別れは突然
海に悪気はないのだけれど
眩しい光を知ることはなく
そう、別れは突然

海に悪気はないのだけれど

縮こまった海はただ
みんなの帰りを待っています
好き 嫌い 生きる 死ぬ
誰もいない海はしかし
全てはここで始まると知っています

ゆっくりと時間をかけ
たっぷりと波を揺らし
こっそり思いを馳せつつ
のんびりとその日を待っています

さぁ、もう一度出会えるまで
海に悪気はないのだから
眩しい光へ送り出すよ
そう、いつかもう一度ここに集え

海に悪気はないのだから

Back to Poetry