ある朝の憧憬 (2014)

ある朝の雲の合間
聞き入る見知らぬその音
低く高く絶え間なく
冬の終わり知らす

ぼくはただ海を越えて
気になる話の続き
白も黒も真ん中も
残らず書き記す

和らぐ夜明けの靄
醒めてもほら、木霊す鐘
鳴り止まず

ある朝の雲の合間
聞き入る見知らぬその音
低く高く絶え間なく
冬の終わり知らす

いまはまだない空に
繋がるぼくらの手と手
昼も夜もその先も
変わらないと誓う

Back to Poetry