プロフィール

[English]

ジャズピアニスト、森田真奈美 (Manami Morita)

1984年生まれ、埼玉県出身。4歳でクラシックピアノを始めるが、嘘を吐いてレッスンをさぼるくらい好きになれず。しかし好き勝手に弾くことに楽しみを見出す。初めての作曲は小学生の頃、タイトルは「こりすちゃんの歌」。中学校で運命の出会い、ジャズに出会う。ビックバンド部というめずらしい部に所属、ベースを担当。しかし後から入って来た後輩に座を奪われ、やむなくピアノへ転向。その結果、ジャズというジャンルにおけるインプロビゼーションのおもしろさに気づき、高校に入ってからもジャズピアノを続ける。高校卒業後、上智大学で英語を専攻しつつも、ピアノを弾きたい思いを捨てきれず、当時の憧れだったジャズピアニスト小曽根真氏の母校、アメリカのバークリー音楽院の奨学金オーディションを親に内緒で受ける。

2006年、バークリー入学。専攻はジャズ作曲科。在学中にはピアノ科からMary Jane Earnhart Award、ジャズ作曲科からHerb Pomeroy Awardを受賞。また2009年にはハンガリーで行われたInternational Kodolanyi Jazz Competitionにおいて、サックス奏者平山満氏のバンドに参加、3位入賞。同コンペにおいて個人賞、Outstanding Performance Award受賞。同年、Universal系列のDecca Recordsが主催したプロジェクトのオーディションに通り、レコーディングのためロンドンに一時的に引っ越すが、うまが合わず1ヶ月でアメリカに逆戻り。その後2010年、NYに移る。2013年、中国マカオで行われたCotai International Jazz&Blues Comeptitionにおいて2位入賞。

テレビ朝日系「報道ステーション」のオープニングテーマに、オリジナル曲「I am」が抜擢される。2011年4月から2016年3月までの5年間放映。他にもラジオ番組やラジオドラマ等のサウンドトラックを手がける。

現在”Colors”、”For You”、”When Skies are Grey”の3枚をRambling Recordsからリリース。

アメリカに10年住んだ後、2015年より、日本へと拠点を移し、新しい音楽へのチャレンジを試みている。